その他機器 検査機器

ECGとSpO2から心拍出量測定(esCCO)

投稿日:8月 17, 2020 更新日:

esCCOとは

日本光電が海外で販売しており、心電図SpO2から心拍出量(CO)などの循環動態を『非侵襲』でモニタリングできる技術です!

近年話題になってますが、「どういうこと?」と疑問を抱く方もいますので、ここではかみ砕いてご説明します。





esCCOとは

上述したように「心電図(ECG)」と「SpO2」を用いて心拍出量(CO)を算出するプログラムです。

ECGの「E」とSpO2の「S」からとって「esCCO」という名前になったそうです。





原理は PWTT ?

心電図のR派からSpO2の脈波立ち上がりまでの

脈波伝番時間(PWTT:pulse wave transit time)

を算出します。

誤差を補正するため60回ほどの測定から平均値を算出します。

PWTTは心臓の拍出から血液が抹消に届くまでの時間になります。

脈波が伝わる速さ(PWTT)は血管壁の硬さに依存し、血圧と一回拍出量(SV)に対して逆相関の関係があります。

血圧SVPWTT
高値↑多い↑短縮 →
低値↓少ない↓延長 →→→





PWTT から esCCO 測定!

血圧よりもSVの方がPWTTとの相関が安定しており、モニター内部の計算によってesCCOを算出します。

非侵襲的にesCCOを使用する場合はECGSpO2の他に

NIBP」による校正

が必要です。

ECG、SpO2、NIBPによる校正が完了したらesCCOが生体情報モニターから表示されます。





画像引用:Non invasive guided gdt





日本光電の計測プログラムなので、パルスオキシメータが別社の測定機器だとesCCOが表示されません。

また、他の循環動態モニター(ビジレオクリアサイトなど)とは上述したように測定原理が違うため、考慮する必要があります。

今回はNIBPで校正する非侵襲的なesCCOを紹介しましたが、観血的血圧(IBP)や他デバイスの心拍出量(CO)を用いる測定方法もあります。

esCCOは高齢の麻酔、産科、内視鏡などの場面で使用されます。

国内ではまだ導入されてない?みたいなので、なかなか待ち遠しいですね。





エドワーズも「クリアサイト」という非侵襲の循環動態モニターを販売されています。





オススメ関連記事

循環動態モニタリング  はこちら

ビジレオ はこちら

ビジランス はこちら

EV1000 はこちら

クリアサイト はこちら

ヘモスフィア はこちら

CO2から心拍出量測定  はこちら

その他の記事 はこちら(HP)





-その他機器, 検査機器

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.