「病態生理」 一覧

血ガスの見かた(アシドーシス?アルカローシス?)

血液ガス分析をして アシドーシスなのか、アルカローシスなのか 自信をもって言えない人のために「酸塩基平衡」について解説します。 筆者も最初はよくわかりませんでした。 あれこれ読んで、現場を見てみると少 ...

CEなら知っておきたい凝固のお話

われわれ臨床工学技士は体外循環が主な仕事であり、毎日が「凝固」との戦いです。 臨床的な凝固も大事ですが、 ICUで毎日行われる血液検査を理解するには 意外と凝固の「基礎」も大事になってきます。 今回は ...

DICとは(集中治療域での考え方)

播種性血管内凝固(DIC : disseminated intravascular coagulation)は 一言で表すと 血管内の「過凝固!!」です。 DICの病態 なんらかの原因(感染・炎症)に ...

消化器の病気(肝臓・膵臓・腹腔内感染)ICUではここを理解しておけ!

臨床工学技士がICUに臨むうえで知っておいた方が良い消化器疾患をリストアップしてみました。 ・腹腔内感染・非閉塞性腸管虚血(NOMI)・急性肝不全・重症急性膵炎 順に解説していきます。 腹腔内感染 急 ...

肺の病気「ICUではここを理解しておけ!」

ICUでは急性呼吸不全や急性呼吸促迫症候群(ARDS)の患者が多いです。 呼吸不全は血液ガス分析で検査し PaO2 60mmHg以下がI型呼吸不全PaO2 60mmHg以下 + PaCO2 45mmH ...

脳の病気「ICUではここを理解しておけ!」

集中治療室(ICU)での「脳」にまつわる疾患、イベントをピックアップしてみました。 ICUでは 心肺蘇生(CPR)後の「心停止後症候群(PCAS)」 や 「脳卒中」や「頭部外傷」などの中枢神経疾患 の ...

腎臓の病気「ICUではここを理解しておけ」

集中治療領域での重症患者は、基礎疾患に伴って循環動態が破綻し、しばしば臓器障害がみられます。 ここでは主に腎不全について解説したいと思います。 急性腎障害(AKI) ICUでは急激に腎機能が低下する急 ...

医療現場での浸透圧

輸液を選ぶには浸透圧を理解する必要があります。 難しく感じるかもしれませんが、初心者向けにかみ砕いて説明しようと思います。 浸透圧とは濃度のこと 液体中の水は濃度が均等になるように動きます。 薄い液体 ...

電解質異常の対処方法(ICUで知っておくべき知識)

電解質は神経伝達や筋の興奮に関わっています。 傾眠、脱力、けいれん、しびれ、麻痺などの神経症状が現れたら、電解質異常も疑いましょう。 電解質にはそれぞれ特徴があります。 電解質の特徴 これから電解質の ...

「形」で覚える不整脈

不整脈と言えば 一度は必ず「勉強しなければ。。。」と感じますよね。 心電図の世界に踏み込んだ者はわかると思いますが 気が遠くなるほどの不整脈の種類が多くて しかも一つ一つの特徴をとらえて さらには似た ...

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.