その他機器 検査機器

SpO2とは

投稿日:10月 25, 2020 更新日:

SpO2とは

パルスオキシメータと呼ばれる機器で測定した動脈血酸素飽和度(SaO2)のことです。

基本は「SaO2 = SpO2」でOKです。

現場では「サチュレーション」とよく呼ばれます。





酸素解離曲線

SaO2とPaO2は「酸素解離曲線」と呼ばれる関係があります。

緑色の線が酸素解離曲線です

SaO2が90%の時、PaO2は60mmHgくらいになります。

PaO2は通常血液ガス測定で測定しますが、酸素解離曲線を用いればSaO2からおおよそのPaO2が分かります。

このSaO2を非侵襲で簡単に測定できてしまう機器が「パルスオキシメータ」です。





パルスオキシメータの測定原理

酸素はヘモグロビンにくっついて全身へ運ばれます。

酸素とくっついたヘモグロビンは鮮やかな赤色(動脈血)
酸素と離れたヘモグロビンは暗い赤色(静脈血)

となります。

パルスオキシメータではプローブを指につけ、赤色光と赤外光を高速に交互に出し、透過の割合から酸素化ヘモグロビンの割合(酸素飽和度)を算出します。

さらに、透過光の強度から脈波だけをデータとして抜き取ります。脈波(拍動)は動脈にしか存在しないため、結果的に動脈血の酸素飽和度を測定できます。

得られた波形は動脈の血圧波形という認識で良いです。





パルスオキシメータの装着部位

基本は「指」で SpO2を測定します。他にも「耳」や「鼻」で測定します。

レスポンス時間は早い順に

耳 > 手 > 足

となります。

新生児や乳幼児は「手の甲」「足背」で測定することもあります。

測定困難な場合は「前額」で測定することもあります。静脈の拍動(うっ滞)があるのでSpO2 が低く表示されることがあります。





パルスオキシメータの注意点!

パルスオキシメータは「光」による測定誤差と「脈波」による測定誤差があります。



「光」による測定誤差

パルスオキシメータは「光」を当てることで血液の「色」を判別しています。

・色素製剤を使用すると血液の色が変化するため、 SpO2の値が低く表示されることがあります。色素製剤はメチレンブルー、インドシアニングリーン、インジコカルミンなどです。

・マニキュアで爪に色があると誤差を生じます。どの色もだいたいはSpO2の値が低く表示されてしまいます。

・一酸化炭素中毒によりCOHbが血中で増えると、COHbを酸素化ヘモグロビンと誤認識してSpO2の値が高く表示されることがあります。 (吸光度:COHb=O2Hb)

・メトHb(SpO285%)、NO吸入、急性薬物中毒、遺伝性疾患で測定誤差が生じることがあります。

外部の光も影響するので、できるだけ測定部に直接光が当たらないようにしましょう。



「脈波」による測定誤差

パルスオキシメータは「脈波」を拾って酸素飽和度の解析をします。

・拍動がない末梢循環不全の患者は測定できないことがあります。別の指、足の指、耳たぶ、鼻、額など測定部位を変えるか、パルスオキシメータを変えて対処します。前額で測定するときは静脈の拍動(うっ滞)でSpO2 が低く表示されることがあります。

・プローブをきつく固定すると拍動がなくなり、測定できないことがあります。また、静脈が拍動することもあるため、プローブは強すぎないくらいに密着させて固定します。

・体動があると脈波を拾えず測定できないことがあります。





オススメ関連記事

人工呼吸器 はこちら

血ガス はこちら

ETCO2 はこちら

その他のモニタリング はこちら

呼吸不全 はこちら

その他の記事 はこちら(HP)





参考にした資料

[参考書]ICUのモニタリング(重症患者ケア,2015)

-その他機器, 検査機器

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.