「血液浄化」 一覧

血液浄化をうまく離脱する方法!尿量とデータの下がり方を見る、導入も解説

2020/12/19   -CBP CRRT, 血液浄化

血液浄化は患者の血液をフィルターに通し、血液をきれいにすることで、一時的に腎機能の役割を果たします。腎不全の治療でよく使用されます。 ICUでは急性腎不全や慢性腎不全の術後管理で血液浄化をされることが ...

CHDF中に薬物を減量する方法!「腎代謝型」と「肝代謝型」を知る

2020/07/22   -CBP CRRT, 血液浄化

重症例では多臓器不全の患者もいて、腎不全や肝不全で代謝機能が下がっていれば、投与する薬剤も調整する必要があります。 中でも腎不全の患者では透析による影響も把握して、薬物調整する必要があります。 今回は ...

矛盾だらけ!急性血液浄化認定施設の申請

先日、当院も日本急性血液浄化学会の認定施設になりました。 麻酔科の医師と協力しながら認定施設の申請を行いました。 今回は施設認定で実際に行った手続きについてお話します。 手続きの中で「おかしい」と思う ...

ズルいくらい簡単にドナーアフェレシスを覚える!分類から理解する

2020/03/09   -apheresis, 血液浄化

血漿交換や血漿吸着などの治療を 治療的アフェレシス(Therapeutic Apheresis)といいますが、 健康な人から血液成分の採取を目的としたものを ドナーフェレシス(Donation Aph ...

選択的血漿交換(SePE)がうまくなる方法!凝固因子温存型のPE

2020/03/09   -apheresis, 血液浄化

自己免疫疾患や肝不全でよく使われる選択的血漿交換(SePE)についてご紹介します。 治療頻度が少ないので慣れていない方も多いと思います。 選択的血漿交換(SePE)の Point!・SePEはエバキュ ...

吸着療法(adsorption)がうまくなる方法!吸着カラムのラインアップ

2020/03/09   -apheresis, 血液浄化

吸着療法は単純原理で、施行も比較的簡単ですが、種類が豊富なので膜選択が重要になってきます。 種類は多いですが、疾患ごとに使う吸着膜が決まっているので「間違えないように選ぶ」ことが何より大事かと思います ...

二重膜濾過血漿交換法(DFPP)がうまくなる方法!膜選択から置換液まで

2020/03/08   -apheresis, 血液浄化

今回はちょっとややこしいDFPPについてご紹介します。 二重膜濾過血漿交換法(DFPP)の Point!・2つの膜を使う(一次膜、二次膜)・一次膜は固定、二次膜は除去したい物質で使い分ける・二次膜はE ...

血漿交換(PE)がうまくなる方法!置換液選択・置換液の量を考える

2020/03/07   -apheresis, 血液浄化

血漿交換療法は 急性期では肝不全、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)など、慢性期では産科疾患から免疫疾患など幅広く治療されてきました。 原理はとても単純な血漿交換についてご紹介します。 血漿交換(PE ...

アフェレシスとは。略語まとめ

2020/03/07   -apheresis, 血液浄化

アフェレシスは「分離」という意味で治療に応用したアフェレシス、サイタフェレシスや採取目的のドナーアフェレシスがあります。 除去したい物質や採取したい物質によってアフェレシスの方法が変わってきます。 代 ...

ブラッドアクセス挿入

2020/02/21   -apheresis, CBP CRRT, 血液浄化

挿入場所の決定 基本は内頸静脈・大腿静脈を選択します。 他にも鎖骨下静脈、上腕尺側皮静脈などがあります。 ○右内頸静脈第一選択によく使われます。解剖学的に屈曲部分が少ないため挿入しやすく、先端の脱血不 ...

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.