その他機器 治療機器

CRT-Dとは

投稿日:9月 27, 2020 更新日:

CRTは電気刺激障害による重症心不全に使用します。

CRTなどの植込み型デバイスは他にもペースメーカーICDなど種類があります。





CRTとは

CRT(cardiac resynchronization therapy)は心臓再同期療法という意味であり、収縮不全・拡張不全の心不全に使用されます。

心不全にはいろんな原因がありますが、刺激伝導が遅かったり(左脚ブロックなど)電気刺激に左右差や房室間で同期していなかったりと、刺激伝導系の問題で心不全に陥ることがあります。

このような心不全はCRTによって右心と左心の両方をペーシングします。

ペースメーカーは右心をペーシングするのに対し、CRTは両心ペースメーカーとも呼ばれています。

両心ペーシングを「CRT-P」
除細動機能が加わったものを「CRT-D」

と言います。

P : pacemaker
D : defibrillator

CRTの適応
身体活動の制限(NYHA分類III度以上の慢性心不全)
心機能低下(左室EF35%以下)
QRS延長(幅120m秒以上)
薬物抵抗性





CRTと心電図

通常ペースメーカーの右室ペーシングだとQRS幅が広く、心室がゆっくり弱く収縮しているように見えます。

CRTの両心室ペーシングだとQRS幅が狭くなり心室がしっかり収縮するようになります。

両心室が同期できるようV-Vディレイの設定が重要になります。

ペースメーカーと同様に右心房リードと右心室リードがあり、CRTではこれに加えて左心室リードを使います。

リードを経静脈→冠状静脈→左心室表面に留置します。





オススメ閲覧記事

ペースメーカー  はこちら

植込み型除細動器(ICD)  はこちら

不整脈  はこちら

心電図・12誘導心電計  はこちら

その他の記事  はこちら(HP)





参考にした資料

[参考書]ペースメーカー心電図が好きになる(2014)

[参考書]レジデントのためのこれだけ心電図(2018)
↑めちゃくちゃわかりやすいです。書いた人を胴上げしたいです。

-その他機器, 治療機器

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.