NPPV NIV 人工呼吸器

NPPVの回路・マスクについて

投稿日:4月 11, 2020 更新日:

NPPVで使用される機種は二種類あります。

高圧配管型
ICU等で急性呼吸不全の患者によく使用されます。酸素濃度の調整が可能です。

酸素流量計型
在宅等で慢性呼吸不全の患者によく使用されます。患者の換気量で酸素濃度が変動します。

ここでは高圧配管タイプについて解説します。





NPPVの回路構成

NPPVは空気と酸素をブレンドして送気を行っています。

バクテリアフィルター
本体で作られたガス内の菌やほこりを除去します。高圧配管タイプでは内蔵されていないため取り付けます。

加温加湿器
送気ガスの加湿を行います。NPPVは挿管用の人工呼吸器(IPPV)と違い、ガスが鼻と口を通るので加温と加湿が比較的弱い加温加湿器を使用します。

ウォータートラップ
ヒーターワイヤーが入っていない回路は結露が発生しやすいため取り付けます。

圧ライン
吸気・呼気の圧を測定します。

呼気ポート
マスクと回路には穴(呼気ポート)が空いていて、常にわざとガスを排気させています。
これをインテンショナルリークといいます。マスク内の残存呼気(死腔)を洗い流す効果があり再呼吸量が減少されます。
マスクのフィッティングがうまくいかない場合は呼気ポート以外からガスが漏れることがあります。この意図的でないリークをアンインテンショナルリークといい、極力減らします。

他にもダブルブランチ回路などがあります。





NPPVのマスク

ネーザルマスク
鼻だけを覆うタイプです。慢性呼吸器疾患でよく使用されます。マスク内の容量(死腔)は最も少ないです。

フルフェイスマスク
口と鼻を覆うタイプです。急性期でよく使用されます。

トータルフェイスマスク
顔全体を覆うタイプです。急性期でフルフェイスが使用できないとき(顔面に外傷や熱傷・フィッティング困難等)に使用します。

ヘルメット型
首から上を覆うタイプです。小児や新生児でよく使用される印象です。死腔量が最も多いです。





オススメ関連記事

NPPV  はこちら

人工呼吸器  はこちら

酸素療法  はこちら

心不全  はこちら

呼吸不全  はこちら

その他の記事  はこちら(HP)





参考にした資料

[参考書]人工呼吸ケアのすべてがわかる本(2014)

[雑誌]酸素療法(INTENSIVIST,2018)

-NPPV NIV, 人工呼吸器

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.