Impella 補助循環

Impellaのモニタリング

投稿日:5月 4, 2020 更新日:

Impella(インペラー)のモニタリング画面について解説します。





圧力画面とモータ画面

表示画面の

上が圧力画面
下がモータ画面(電力差)

になります。

通常は上のように

圧力画面 →大動脈圧
モータ画面 →パルス状

になります。

導入時にこの画面が現れたら留置OKです。





挿入ミス(1)

圧検知部が「左心室内」に入っていると左心室圧が表示されます。

吐出口が大動脈内になるようにカテーテルを戻します。





挿入ミス(2)

圧力が大動脈圧表示でも「吸入口」と「吐出口」が同じ場所に入っていると電力差が発生せず、モータ画面がフラットになります。

カテーテルを適正な位置に調整します。





パージシステム

モータ内への血液の侵入を防ぐためにパージ液を流します。

パージ液圧>収縮期圧になるよう圧力をかけることでモータ内への血液の侵入を防ぎます。

パージ圧:300~1100mmHg
パージ液流量:2~30ml/h

の間で自動制御されています。

パージ圧300mmHg↓(パージ流量30ml/h↑)
パージ液漏れや接続不良、低濃度のブドウ糖液、パージカセットの故障が考えられます、

パージ圧1100mmHg↑(パージ流量2ml/h↓)
パージシステムのキンクや高濃度のブドウ糖液が考えられます。
パージ液が流れないと血液が侵入し、血栓でポンプが停止する可能性があります。





オススメ関連記事

インペラー  はこちら

PCPS・ECMO  はこちら

IABP はこちら

心不全  はこちら

その他の記事  はこちら(HP)





参考にした資料

[参考書]臨床工学技士集中治療テキスト(日本集中治療医学会,2019)

[指針]急性・慢性心不全診療ガイドライン(各学会,2017)

[HP]Impella CP 動画(日本アビオメッド)

-Impella, 補助循環

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.