apheresis 血液浄化

その他に対するアフェレシス

投稿日:2月 1, 2020 更新日:





薬物中毒

・概要

薬物の大量摂取で意識障害など中毒症状を起こす疾患

・診断

原因不明の重症患者は血液検査(電解質腎機能、血糖など)や尿検査、心電図、X線撮影等を行う。アニオンギャップ浸透圧ギャップも鑑別に役に立つ

・アフェレシス

血漿交換(PE)
血液吸着(HA)
 ヘモソーバCHS
 メディソーバDHP
血液透析(HD)
持続的血液濾過透析(CHDF)

・除去ターゲット

原因薬物

・アフェレシスの位置づけ

標準治療を行っても症状が悪化する場合、アフェレシスの適応になる。ほとんどがHDを第一選択として推奨している。

・保険適応

8回(PE)
回数制限なし(HA)





難治性胸水症、腹水症

・概要

腹水・胸水が溜まる疾患

・診断

薬剤抵抗性の胸水・腹水

・アフェレシス

腹水濾過濃縮再静注法(CART)

・除去ターゲット

腹水・胸水

・アフェレシスの位置づけ

細胞成分が除去されるため癌性・血性腹水でも適応である。エンドトキシンは濃縮されるため、感染が機序にある腹水は禁忌とされている。
難治性腹水症治療におけるCARTの現状

・保険適応

1回2週間(回数制限なし)





オススメ関連記事

アフェレシス  はこちら

アフェレシスの適応疾患  はこちら

輸血  はこちら

抗凝固剤  はこちら

その他の記事  はこちら(HP)





参考にした資料

[参考書]アフェレシス療法ポケットマニュアル(2012)

[参考書]アフェレシスマニュアル(日本アフェレシス学会,2010)

[HP]令和2年度診療報酬改定について(厚生労働省)

[HP]令和2年度診療報酬点数 処置(今日の臨床サポート)
↑厚労省の診療報酬改定内容がわかりやすくまとまっているサイトです。

-apheresis, 血液浄化

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.