apheresis 血液浄化

膵疾患に対するアフェレシス

投稿日:2月 2, 2020 更新日:





重症急性膵炎(SAP)

・概要

膵臓の急性炎症

・診断

A上腹部に急性腹痛発作と圧痛
B血中or尿中に膵酵素の上昇
C超音波、CT or MRI で異常所見
2項目以上で急性膵炎

・アフェレシス

持続的血液透析濾過(CHDF)
血漿交換(PE)

・除去ターゲット

サイトカイン
トリグリセリド

・アフェレシスの位置づけ

初期輸液、鎮痛薬、
重症例では経鼻胃管、抗菌薬・抗真菌薬予防投与
栄養療法は極力避ける。
重症例ではCHDFを推奨し、サイトカイン除去・体液管理を行う。サイトカイン吸着膜(PMMA膜、AN69ST膜)が望ましい。
PEは高脂血症に対し血清トリグリセリドを下げる報告があるが、推奨度は低い。FFP置換だと感染のリスクが上がるため、もしPEを行うならアルブミン置換を行う。血清トリグリセリドが増加しないかぎり初期治療を優先する。
急性膵炎診療ガイドライン2015第4版

・保険適応

なし





オススメ関連記事

アフェレシス  はこちら

アフェレシスの適応疾患  はこちら

輸血  はこちら

抗凝固剤  はこちら

その他の記事  はこちら(HP)





参考にした資料

[参考書]アフェレシス療法ポケットマニュアル(2012)

[参考書]アフェレシスマニュアル(日本アフェレシス学会,2010)

[HP]令和2年度診療報酬改定について(厚生労働省)

[HP]令和2年度診療報酬点数 処置(今日の臨床サポート)
↑厚労省の診療報酬改定内容がわかりやすくまとまっているサイトです。

-apheresis, 血液浄化

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.