apheresis CBP CRRT 血液浄化

ブラッドアクセスとは

投稿日:2月 17, 2020 更新日:

ブラッドアクセスは直訳すると「血管の出入口」になります。血管内と透析回路をつなぐ架け橋となります。

国際的には「バスキュラーアクセス」と呼ばれていて日本も呼び方を合わせている傾向です。

集中治療領域では24時間管理の透析をすることが多いので、カテーテルを用いたブラッドアクセスを使用します。

このカテーテル型のブラッドアクセスはいろんなメーカーが出していて、ラインナップはかなり多いです。

分類すると次のように分けられます。

ブラッドアクセスの分類
・穴の形状(ホール)
・穴の本数(ルーメン)
・挿入場所
・太さ(サイズ)

一つずつ解説していきます。





穴の形状(ホール)

先端に穴があるのがエンドホール型です。穴が血管壁に引っ付かず脱血しやすいと言われています。

横に穴があるのがサイドホール型です。形状から挿入しやすいと言われていますが実際はエンドホールとあまり大きく変わりません。

図以外にも両方のハイブリッド型のコアクシャル型や先端がねじれた脱血孔をしているブラッドアクセスがあります。



ちょっと変わったブラッドアクセス

上の画像は脱血に強く、筆者もオススメするパワートリアライシス(メディコン社製)の先端です。先端の脱血孔が血管壁に引っ付かないようねじ曲がっており、サイドホールも追加されています。

基本はサイドホールとエンドホールの特徴を知っていれば他のブラッドアクセスも理解できます。





穴の本数(ルーメン)

僕の知っている限りでは最大4穴のクワッドルーメンのブラッドアクセスがあります。

どれも見た目は一本ですが中には送血用と脱血用、その他薬剤や輸液のルートがあります。

慢性の維持透析ではダブルルーメンのブラッドアクセスが主流です。





挿入場所の違い

挿入場所 内頸(首)に挿入するタイプは首元で邪魔にならないように曲がっています。



首でよく使うブラッドアクセス



足でよく使うブラッドアクセス





太さ(サイズ)

通常成人では12Frや13Frほどの太いブラッドアクセスを使用します。

小児は血管径が細いため、成人より細いブラッドアクセスを使用する時があります。

自分が知っている限り、国内最小は6Frのベビーフローがあります。

1歳未満の小児でも安定してCHDF、血漿交換(PE)ができました。





オススメ関連記事

ブラッドアクセス挿入  はこちら

アフェレシス  はこちら

血液浄化  はこちら

その他の記事  はこちら(HP)





参考にした資料

[参考書]CRRTポケットマニュアル(2015)

[参考書]アフェレシス療法ポケットマニュアル(2012)

-apheresis, CBP CRRT, 血液浄化

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.