日記 集中治療室(ICU)

2020年を振り返って

投稿日:12月 30, 2020 更新日:

どうも「ひるじん」です。

Web上は匿名で活動させていただいています。

2020年もあと少しで終わりますね。

いつものお堅い話は置いといて

ここでは書きたいことを気楽にだらだら書いていきますね。

自己満足です。

たまにはいいでしょう。

何日か経過すればこの記事も削除します。



2020年振り返って



今年はほんとに



疲れた。



それと同時に



達成した。



と思える

毎日が疾走感あふれる充実した一年間でした。



そもそも本格的にブログをはじめて一年が経ちました。

その前はだらだらブログを書いていましたが・・・



本ブログ「臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き」の目的は

情報提供

です。



私が働きたて当初の当院は

仕事においてマニュアルと呼べるものがなく

上も放任主義でした。

「自由に仕事していい。その代わり、分からないことは自分たちで調べて」

理不尽にも聞こえるこの発言は

今考えれば「私」をつくる第一歩でした。

今でこそ仕事の体制が整ってきましたが

はじめは当部署の組織が構築されておらず、弱かったのです。



組織が弱いことは不利ではない



有利

なんです。



1から作れる組織

上から敷かれることのないレール

失敗が許される環境

中古のゲーム機を買ったとしましょう

セーブされてある中途半端なデータ

そのまま進めますか?

どうです

最初からにしませんか?

私がしていることは

すべて1からスタートなんです。



経験を教わらず、

自らが経験をしていく

手探りで

失敗、失敗、成功、失敗

言いかたが悪いですが、

たくさんの患者を救うことができた。

そして自分の尊い経験で亡くなる方もたくさんいました。

こうしたらバイタルは維持できる。

こうしたら患者は亡くなる。

やっとつかんできました。



けど時間がかかりすぎました。



もっと早く違う方法を知っておけば助かったかもしれない

自分の知識不足で亡くなる患者は

今も思い出すことがあります。



世界中でネットワークが盛んになってきましたが

わからないことをすぐリサーチできる環境は

まだまだ足りないです。

どちらかと言えば

情報がありすぎて

適切な情報が見えてこない

そんな経験もあり

積極的に情報発信していこうと思いました。

亡くなった患者の償いも込めて



自分の経験が正しいと言える保証はありませんが

責任をもって記事を書いています。

情報源となるガイドライン、指針も添えて、

的確に正しい情報にたどり着くよう努めてきました。

ただ、人々の目に留まらないと

サイトを立ち上げた意味がありません。



この一年間はいかにアクセス数は増やすかを考えて

調べて、意識しながら記事作成、運営をしてきました。

おかげで一年間でサイトがかなり大きく育ち

みんなのもとに記事が行き届くことができました 。

そして実を言うと

このサイトで利益は発生していないのです。

本サイトの目的は

「情報発信」

生まれた利益も

運営費や資料代にあてています。

黒字になることはありません。




今年はサイトの運営もしかり

院内活動はもちろん、論文の執筆から投稿、認定士取得、そしてコロナと・・・

こんな環境でも

忙しくても

できることはたくさんあります。

忙しい中でも

「暇だ」

と思うだけで

いろいろできたりするものです。

そして頑張りを見てくれている人もいます。

来年からバックアップしてくれる方々もいます。

ただ頑張るのでは評価されません。

人目にうつったり、実績として残さなければ

頑張りは無駄になります。

「努力は無駄にならない。」

やたらとみんな言いますが、

成功した人の発言です。

何も成功しなければ、

結果を残さなければ、

努力は無駄です。

来年もこの調子で活動していきたい。

アグレッシブに

自分らしく

-日記, 集中治療室(ICU)

Copyright© 臨床工学技士の ななめ読み ななめ書き , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.